運動療法

運動療法の効果

体の健康の維持、促進を、薬に頼らず運動により実現するのが「運動療法」です。具体的には「ウォーキング」「水泳」「サイクリング」などの有酸素運動を行うことで、健康維持と促進をはかります。

「運動療法」は「アンチエイジング」の一環として注目を集めていますが、これだけを行えば必ず体が健康になるかと言えば、そうではありません。「キレーション」とともに「運動療法」を行うことで、体内の有害金属の排出をより促進する、またそうして有害金属を排出する際に、一緒に排出されてしまうビタミンやミネラルを補うために「サプリメント」を服用するなど、様々な治療を包括的に行うことが大切です。
そのため当クリニックでは、この「運動療法」を他の治療方法の補助的な役割を担うものとして考えております。

この「運動療法」は基本的に「自由診療」となりますが、これ以外にも当クリニックでは、「保険診療」で認められた「心臓リハビリテーション」という、運動以外にも食事や生活習慣などの指導、ストレスをコントロールする心理療法を組み合わせた包括的な運動療法も行っておりますので、詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。

運動療法の特徴

  • 高血圧、動脈硬化、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病に効果があるとされています
  • 運動によりストレスを発散させることで、様々な病気の改善や予防にも効果を期待することができます